永暦(読み)エイリャク

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。平安時代の1160年から1161年まで、二条(にじょう)天皇の代の元号。前元号は平治(へいじ)。次元号は応保(おうほう)。1160年(平治2)1月10日改元。1159年(平治1)末に起こった平治の乱の終息を理由に行われた。『後漢書(ごかんじょ)』『続漢書(しょっかんじょ)』を出典とする命名。1160年(永暦1)、平治の乱に敗れた源義朝(よしとも)の嫡子頼朝(よりとも)は平頼盛(たいらのよりもり)に捕えられ、伊豆に配流となった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

平安時代、二条天皇の代の年号。平治の乱後の平治二年(一一六〇)一月一〇日改元。後白河上皇の院政、関白藤原基実の時代。永暦二年(一一六一)九月応保(おうほう)と改元された。出典は「後漢書‐辺譲伝」に「馳淳化於黎元、永暦世而太平」とあるのによる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永暦の関連情報