コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油坊主(読み)アブラボウズ

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐ぼうず〔‐バウズ〕【油坊主】

仏前の灯明に油をさす役目の僧。
ギンダラ科の海水魚。全長1メートルを超え、頭が丸く、体は暗灰色。北太平洋北部の深海にすむ。肉は脂肪に富み、旬(しゅん)は冬季

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あぶらぼうず【油坊主】

仏前の灯明に油をさす役目の僧。
カサゴ目の海魚。全長1.5メートルを超える。体は長楕円形で側扁し、頭部の輪郭は丸みを帯びる。成魚は暗灰色。幼魚は白い横縞や斑紋がある。肉は美味だが脂肪分が非常に多い。本州中部から北太平洋に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

油坊主 (アブラボウズ)

学名:Erilepis zonifer
動物。ギンダラ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

油坊主の関連情報