油屋お紺(読み)アブラヤオコン

精選版 日本国語大辞典「油屋お紺」の解説

あぶらや‐おこん【油屋お紺】

歌舞伎「伊勢音頭恋寝刃」の女主人公。伊勢古市油屋の遊女。愛人福岡貢(みつぎ)の求めている名刀の折紙を得るために、貢に心にもない愛想づかしを言う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android