コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油杜氏煉方 ゆとうじ ねりかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

油杜氏煉方 ゆとうじ-ねりかた

あぶらのとうじ-ねりかた

油杜氏煉方 あぶらのとうじ-ねりかた

?-? 江戸時代中期の狂歌師。
江戸数寄屋橋で煉油(調髪用油)をあきなう宇の丸屋の主人。四方(よも)側の社中。天明3年(1783)刊「万載狂歌集」に作品がみられる。
【格言など】まだ若き身をやつしろの紙子にはうつて付たる世をしのぶ摺(「吾妻曲狂歌文庫」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

油杜氏煉方の関連キーワード狂歌師

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android