コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万載狂歌集 まんざいきょうかしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万載狂歌集
まんざいきょうかしゅう

江戸時代後期の狂歌集。四方赤良 (よものあから。大田南畝 ) 撰。 17巻。天明3 (1783) 年刊。赤良と朱楽 (あけら) 菅江の和文の序,四方山人 (赤良) の漢文の序,橘八衢 (やちまた。加藤千蔭) の跋をもち,『千載和歌集』の体裁にならって,春,夏,秋,冬,離別,羇旅哀傷,賀,恋,雑,雑体,釈教神祇の部立で構成されている。暁月坊,荒木田守武,雄長老ら古人と,200人以上の当代の狂歌人の作品を網羅している。続集が『徳和歌後万載集』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まんざいきょうかしゅう【万載狂歌集】

天明狂歌初発期の代表的撰集。17巻2冊。四方赤良(よものあから)・朱楽菅江(あけらかんこう)編。菅江序,赤良序,橘のやちまた(加藤千蔭)跋。1783年(天明3)刊。書名は《千載和歌集》と正月の三河万歳をあわせもじったもの。長歌3首,旋頭歌2首を含む約700首を,《千載和歌集》に似せて四季,離別,羇旅(きりよ),哀傷,賀,恋,雑,雑体,釈教,神祇に分類編集。作者は当代作者はもとより,暁月房,雄長老,由己,貞徳,正式,卜養,未得等まで広く収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まんざいきょうかしゅう【万載狂歌集】

狂歌集。一七巻二冊。四方赤良よものあから・朱楽菅江あけらかんこう編。1783年刊。古代から当代の狂歌の集大成。 〔「千載和歌集」のもじり〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万載狂歌集
まんざいきょうかしゅう

狂歌撰集(せんしゅう)。編者四方赤良(よものあから)(蜀山人(しょくさんじん))。1783年(天明3)刊。題名は正月の三河万歳と『千載(せんざい)和歌集』にちなむ。『千載集』の17巻の部立(ぶだて)や配列に倣うなど趣向を凝らしつつ、古人から当代に至る230余人の狂歌を集めて、集大成の形を整える一方、文芸界、歌舞伎(かぶき)、芸能、遊里など多彩な人々の作も取り上げて、世人の関心を盛り上げ、江戸狂歌の熱狂的流行の気運をつくった。その中心の赤良の作は、唐詩の心で詠む「知らず心たれかは怨(うら)む朝顔はただ瑠璃紺(るりこん)のうるほへる露」、江戸生活を謳歌(おうか)する「吉原の夜見世をはるの夕ぐれは入相(いりあひ)の鐘に花やさくらん」など自由軽快な調べが特色で、同時に出版された唐衣橘洲(からころもきっしゅう)の『狂歌若葉集』を圧倒し、『徳和歌後万載集』『狂歌才蔵集』と続く「天明(てんめい)ぶり」の一時期を画した。[浜田義一郎]
『『日本名著全集19 狂文狂歌集』(1929・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

万載狂歌集の関連キーワード瑞竜軒(初代)蔦屋重三郎鹿都部真顔油杜氏煉方星屋光次唐衣橘洲木室卯雲智恵内子雲楽山人もじり落ちる元木網

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android