コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治田 はりた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

治田
はりた

平安時代の開墾田。古くは墾田とも書いたが,平安時代になると墾田は未開の開墾予定地を含む語となり,治田は開墾された田地だけをいうようになった。その規模は小さく,所有者は地方豪族や田堵 (たと) が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ち‐でん【治田】

平安時代、開墾された田地のこと。はりた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の治田の言及

【墾田】より

…また開墾予定地を墾田地ともいう。古代の史料では,新たに開墾した田をさす場合が多く,治田(はりた),開田(見開田)などともよばれた。墾田の語は主として古代から中世に用いられ,近世には新田の語が用いられた。…

※「治田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

治田の関連キーワード京都府綴喜郡宇治田原町緑苑坂京都府綴喜郡宇治田原町銘城台京都府綴喜郡宇治田原町岩山京都府綴喜郡宇治田原町贄田京都府綴喜郡宇治田原町荒木京都府綴喜郡宇治田原町南奈良県奈良市都祁甲岡町小治田安万侶墓誌小治田安萬侶墓鍜治田工務店京都府綴喜郡八釣白彦皇子栗東(市)藤原田麻呂こいまろ茶小墾田皇女北勢[町]推古天皇蘇我稲目ヤマゼン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

治田の関連情報