コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治田(読み)はりた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

治田
はりた

平安時代の開墾田。古くは墾田とも書いたが,平安時代になると墾田は未開の開墾予定地を含む語となり,治田は開墾された田地だけをいうようになった。その規模は小さく,所有者は地方豪族や田堵 (たと) が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の治田の言及

【墾田】より

…また開墾予定地を墾田地ともいう。古代の史料では,新たに開墾した田をさす場合が多く,治田(はりた),開田(見開田)などともよばれた。墾田の語は主として古代から中世に用いられ,近世には新田の語が用いられた。…

※「治田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

治田の関連情報