コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼田月斎 ぬまた げっさい

美術人名辞典の解説

沼田月斎

江戸後期の画家・尾張名古屋藩士。名は正民、字は士彝。通称は半左衛門、別号凌雲二世歌政等。初め牧墨僊(一世歌政)に、また名古屋滞在中の葛飾北斎に学ぶ。のち張月樵・山本梅逸に従い南画で一家を成す。門人に川崎美政、岩田古朴・服部月真らがいる。元治元年(1864)歿、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沼田月斎 ぬまた-げっさい

1787-1864 江戸時代後期の浮世絵師。
天明7年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。はじめ牧墨僊(ぼくせん)にまなび,2代歌政と号した。のち張月樵(ちょう-げつしょう),山本梅逸(ばいいつ)に師事し,文人画で知られた。元治(げんじ)元年6月29日死去。78歳。名は政民。字(あざな)は士彝。通称は半左衛門。別号に凌雲など。作品に「絵本今川状」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沼田月斎の関連キーワード川崎六之川崎千虎

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android