コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泊一火 とまり いっか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泊一火 とまり-いっか

?-? 戦国-織豊時代の砲術家。
筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。天正(てんしょう)(1573-92)のころ,大隅(おおすみ)(鹿児島県)の種子島(たねがしま)におもむき,7年間にわたり砲術を研究,一火流砲術の祖となったという。通称は兵部少輔(ひょうぶのしょう)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

泊一火の関連キーワード岡田重勝筑前