コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泊一火 とまり いっか

1件 の用語解説(泊一火の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泊一火 とまり-いっか

?-? 戦国-織豊時代の砲術家。
筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。天正(てんしょう)(1573-92)のころ,大隅(おおすみ)(鹿児島県)の種子島(たねがしま)におもむき,7年間にわたり砲術を研究,一火流砲術の祖となったという。通称は兵部少輔(ひょうぶのしょう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

泊一火の関連キーワード織豊時代浅香朝光岡田重勝奥典雅黒田十兵衛酒井正重武宮貞幹田布施忠宗西村忠次山内久重

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone