コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泊食分離 はくしょくぶんり

1件 の用語解説(泊食分離の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

泊食分離

これまで旅館の宿泊料金は「1泊2食付き」が基本だったが、割高感があることや旅行の個人化、多様化が進んだことなどから、ホテルのように「部屋代(朝食込み)」と「夕食代」をそれぞれ明示するところが増えつつある。代金だけでなく、食事場所が食堂なのか部屋なのか、といったサービス内容も明らかにして、2〜3種類の夕食メニューの中から1つを選ぶという方式を取る旅館もある。旅行業界によると、夕食は観光地周辺の飲食店で済ませ、宿泊だけを希望する少人数のグループが増えているという。「泊食分離」はこれに対応すると共に、夕食に関するサービスの明確化で、利用者に納得した上で宿泊の申し込みをしてもらうことや、一方で、改めて「1泊2食付き」の魅力をアピールする狙いもある。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泊食分離の関連情報