法の番人(読み)ホウノバンニン

デジタル大辞泉「法の番人」の解説

ほう‐の‐ばんにん〔ハフ‐〕【法の番人】

法秩序の維持を担う機関や人。警察検察司法機関である裁判所などを指す。
[補説]行政府内では、内閣法制局政府の活動の法的妥当性を担保する役割を担うことから法の番人とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android