コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法律関係本拠説 ほうりつかんけいほんきょせつ

1件 の用語解説(法律関係本拠説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法律関係本拠説
ほうりつかんけいほんきょせつ

国際私法上,問題となっている売買とか婚姻とかの法律関係が本拠 Sitzをもつ場所に行われている法律を,その法的判断の基準とする立場。これは,F.サビニーが『現代ローマ法体系』第8巻 (1849) で,初めて明確に定式化したもので,以後ほとんどすべての国において採用されている準拠法決定に関する基本的な発想である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法律関係本拠説の関連キーワード江川英文挙行地法行為地法住所地法準国際私法反致内国法国際私法学会池原季雄折茂豊

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone