コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法楽連歌 ホウラクレンガ

デジタル大辞泉の解説

ほうらく‐れんが〔ホフラク‐〕【法楽連歌】

神仏に奉納する連歌。救済(ぐさい)が北野神社社頭で行った法楽千句など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうらくれんが【法楽連歌】

神仏を楽しませるために社寺に奉納する連歌。また、その会。法楽和歌にならったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

法楽連歌の関連キーワード水無瀬三吟笠着連歌河野教通法楽和歌冠字連歌坂十仏社寺神仏

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android