コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二水記 にすいき

4件 の用語解説(二水記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二水記
にすいき

中納言鷲尾隆康 (1485~1533) の日記。『一止記』ともいう。『二水記』は「永正」の「永」の字から,『一止記』は「正」の字からとって名づけたもの。自筆原本 20冊。永正1 (1504) ~天文2 (33) 年の記録で,その間,欠文もあるが,公家の生活を知るうえで貴重な史料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

二水記【にすいき】

戦国時代の権中納言(ごんのちゅうなごん)鷲尾隆康(わしのおたかやす)の日記。《一止記(いっしき)》ともいう。記事は1504年(永正1年)から1533年(天文2年)に及ぶが,間に散逸した部分がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にすいき【二水記】

中納言鷲尾隆康(1485‐1533)の日記。欠年があるが1504年(永正1)より33年(天文2)にわたる。書名の二水は年号永正の〈永〉に由来し,〈正〉により《一止記(いつしき)》の異称をもつ。戦乱の時代に,落をたどる公家社会の内情を記し,とくに記主が途絶した朝儀の復興に参画したため,有職故実にかかわる記事が豊富に収められる。自筆本20冊が内閣文庫に現存するほか,多数の写本がのこされる。《史籍集覧》に一部所収。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二水記
にすいき

戦国時代の記録。『一止記(いっしき)』ともいう。権中納言(ごんちゅうなごん)鷲尾隆康(わしのおたかやす)の日記。記事は1504~33年(永正1~天文2)にわたる。二水は年号の永正の永字を、また一止は正字を分解したもの。荘園(しょうえん)の解体と戦乱とによって没落してゆく公家(くげ)社会の状況と朝儀の衰微を描写するほか、細川氏の分裂抗争や将軍足利義材(あしかがよしき)(義稙(よしたね))の入京と出奔など畿内(きない)の政治的混乱を克明に記し、その間に台頭する一向一揆(いっこういっき)や法華(ほっけ)一揆、町衆(ちょうしゅう)など戦国期の京都をめぐる諸状況を知る好資料。国立公文書館に自筆本20冊が所蔵されている。一部は『史籍集覧』(改訂)に収載。[今谷 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二水記の関連キーワード鷲尾隆純鷲尾隆量鷲尾隆建鷲尾隆長鷲尾隆康鷲尾隆尚鷲尾隆尹鷲尾隆敦鷲尾隆右鷲尾隆良

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone