コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華七喩 ほっけしちゆ

3件 の用語解説(法華七喩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華七喩
ほっけしちゆ

法華経』に説かれる7つの比喩のこと。仏は衆生の能力に応じていろいろな教法を説くが,目的は,仏の悟りに導くため,および仏の法身 (永遠不変の真実の相) は不滅かつ普遍であることを示すためであり,そのための比喩 (1) 火宅喩,(2) 長者窮子喩,(3) 薬草喩,(4) 化城喩,(5) 衣珠喩,(6) 髻珠喩,(7) 医子喩の7つをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほっけ‐しちゆ【法華七喩】

法華経に説かれる七つの比喩(ひゆ)。火宅喩(譬喩品(ひゆぼん))・窮子(ぐうじ)喩(信解品)・薬草喩(薬草喩品)・化城(けじょう)喩(化城喩品)・衣珠喩(五百弟子授記品)・髻珠(けいしゅ)喩(安楽行品)・医子喩(寿量品)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほっけしちゆ【法華七喩】

「法華経」に含まれる、比喩を用いた七つの代表的教説をいう。すなわち火宅喩・窮子ぐうじ喩・薬草喩・化城喩・衣珠喩・髻珠けいしゆ喩・医子喩の総称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone