コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華七喩 ほっけしちゆ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華七喩
ほっけしちゆ

法華経』に説かれる7つの比喩のこと。衆生の能力に応じていろいろな教法を説くが,目的は,仏の悟りに導くため,および仏の法身 (永遠不変の真実の相) は不滅かつ普遍であることを示すためであり,そのための比喩 (1) 火宅喩,(2) 長者窮子喩,(3) 薬草喩,(4) 化城喩,(5) 衣珠喩,(6) 髻珠喩,(7) 医子喩の7つをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほっけ‐しちゆ【法華七喩】

法華経に説かれる七つの比喩(ひゆ)。火宅喩(譬喩品(ひゆぼん))・窮子(ぐうじ)喩(信解品)・薬草喩(薬草喩品)・化城(けじょう)喩(化城喩品)・衣珠喩(五百弟子授記品)・髻珠(けいしゅ)喩(安楽行品)・医子喩(寿量品)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほっけしちゆ【法華七喩】

「法華経」に含まれる、比喩を用いた七つの代表的教説をいう。すなわち火宅喩・窮子ぐうじ喩・薬草喩・化城喩・衣珠喩・髻珠けいしゆ喩・医子喩の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

法華七喩の関連キーワード三草二木教説総称

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android