コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窮子喩 グウジユ

デジタル大辞泉の解説

ぐうじ‐ゆ【窮子喩】

仏語。「法華経」信解品(しんげぼん)に説かれるたとえ。幼いころ家出し、流浪して困窮した子を、父の長者が見つけて雇い入れ、しだいに重用して最後に実子であることを明かす。長者は仏を、子は声聞(しょうもん)・縁覚(えんがく)の二乗をさす。三界を流転する衆生を仏が哀れみ、初め方便を説き、やがて救いの大道を教えることをたとえたもの。長者窮子喩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐうじゆ【窮子喩】

〘仏〙 法華七喩の一。「法華経信解品」にみえる話。家出をして長い間放浪し困窮した男を、父親である長者が見つけ、彼を賤業せんぎように使い、次第に後継者としてふさわしい者にしたてたのち、父であることを明かして財宝を譲る。仏が機の熟するのを待って衆生しゆじように教えを説いて救うことにたとえたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

窮子喩の関連キーワード法華七喩後継者仏語財宝

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android