寿量品(読み)ジュリョウボン

大辞林 第三版の解説

じゅりょうぼん【寿量品】

「法華経」の第一六品。全品中の中心的なもの。釈迦が永遠の仏であり、その死は方便であったことを明らかにしようとする。如来寿量品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅりょう‐ぼん ジュリャウ‥【寿量品】

(「如来寿量品」の略) 法華経二十八品中の第十六品。また、金光明経の第二品。釈迦の寿命や無量を説いたもの。
※栄花(1028‐92頃)もとのしづく「寿量品の常在霊鷲山(りゃうじゅせん)の有様、すべて言ふべきにあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android