コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華丈助 ほっけ じょうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法華丈助 ほっけ-じょうすけ

?-? 江戸時代後期の侠客(きょうかく)。
上総(かずさ)(千葉県)の人。寛政(1789-1801)のころ,僧日秋らが蓮華(れんげ)往生という奇怪な法で信者を成仏させるのをあやしみ,みずからその法をうけた。蓮華台の中の信者を下から槍でつき殺すという犯行を予知し,尻に鏡をしいて難をのがれ,悪僧らを捕らえて賞されたという。ただしこの挿話を裏づける確実な史料はない。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

法華丈助の関連キーワード上総侠客

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android