コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法談 ホウダン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐だん〔ホフ‐〕【法談】

仏法の要義を説き聞かせること。また、その談話説法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうだん【法談】

仏法の教義や信仰のあり方を説いた話。説法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の法談の言及

【談義】より

…本来は仏法の法義を談ずることで,ディスカッションであったものが,一般民衆に説法する意味になり,法談とも文談ともよばれた。法義の論談講義の場所は談義所または檀林とよばれたが,説教談義ははじめ法会の会座でおこなわれた。…

※「法談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法談の関連キーワード滑らかす・辷らかす百座法談聞書抄水原 堯栄延命院事件無悪不造衆徒大衆安土宗論片情張り一言芳談行き失す虎御前滑稽本雑談集丸かし教義泣尼聖覚説教栄西客僧

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android