コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

談義/談議 ダンギ

デジタル大辞泉の解説

だん‐ぎ【談義/談議】

[名](スル)
話し合うこと。相談すること。「―を重ねる」
物事の意義・内容などをやさしく説くこと。また、その話。「教育―」
意見すること。教えさとすこと。こごと。
「今日は今しもお―を始めたところと見え」〈柳浪・骨ぬすみ〉
仏法の因果の道理を説くこと。また、その話。法談。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だんぎ【談義】

本来は仏法の法義を談ずることで,ディスカッションであったものが,一般民衆に説法する意味になり,法談とも文談ともよばれた。法義の論談講義の場所は談義所または檀林とよばれたが,説教談義ははじめ法会の会座でおこなわれた。法然の円頓戒談義や東大寺法華義疏談義は,それぞれの法会にちなんだ談義であった。しかし説経が,経典の内容を説くことから興味本位の譬喩談を節をつけて語るようになったのとおなじく,談義も娯楽本位になっていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

談義
だんぎ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone