コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法論 ホウロン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ろん〔ホフ‐〕【法論】

仏教に関する議論。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうろん【法論】

仏法の教義に関する議論。宗論。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の法論の言及

【宗論】より

…広い意味では仏教とインドの外道(げどう),儒教,道教,キリスト教との論争も宗論であるが,普通には仏教において一宗と他宗との間でなされる宗義上の論争をいう。有名なのは,8世紀の末にチベットで行われたインド僧と中国僧とによる論争で,インド側代表のカマラシーラは漸門を説き,中国側代表の大乗和尚は頓門を説いた(漸悟頓悟)とされ,この宗論後のチベットではインド仏教が採用された。【礪波 護】 日本では,宗論は古代・中世に盛行した。…

※「法論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法論の関連情報