コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波々伯部氏 ははかべうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ははかべうじ【波々伯部氏】

〈ほうかべ〉とも読む。中世丹波国の土豪,戦国期の武将。祇園社領4ヵ保の一つであった丹波波々伯部保(現,兵庫県多紀郡篠山町)の開発領主と伝える。1221年(承久3)の関東御教書にみえる下司盛経が文献上の初見人物で,以後同氏の惣領は〈盛〉字を名のることが多い。1337年(延元2∥建武4)の波々伯部信盛の請文には,〈先祖越中守盛里開発領主として〉とあるが,同保は田堵数名が相談の上祇園社に寄進したことが明らかで,上の伝承には疑問がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の波々伯部氏の言及

【波々伯部保】より

…その後1130年(大治5)に至り,行円の跡を継いだ保司隆円が国司に造寺用の材木を納めた功により,保の復活を認められ,ついで久安年中(1145‐51)には一国平均役(いつこくへいきんやく)免除の宣旨も下された。鎌倉後期以降,開発領主として下司職(げししき)を代々相伝してきたと主張する波々伯部氏が台頭,近隣の国人(こくじん)とともに保の押領(おうりよう)をくり返した。感神院側は宝寿院顕詮が在地に下向し直務(じきむ)支配を企てるなど,支配の維持に努めたが,室町期にはしだいに退転(実態が失われること)していった。…

【波々伯部氏】より

…〈ほうかべ〉とも読む。中世丹波国の土豪,戦国期の武将。祇園社領4ヵ保の一つであった丹波波々伯部保(現,兵庫県多紀郡篠山町)の開発領主と伝える。1221年(承久3)の関東御教書にみえる下司盛経が文献上の初見人物で,以後同氏の惣領は〈盛〉字を名のることが多い。1337年(延元2∥建武4)の波々伯部信盛の請文には,〈先祖越中守盛里開発領主として〉とあるが,同保は田堵数名が相談の上祇園社に寄進したことが明らかで,上の伝承には疑問がある。…

※「波々伯部氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

波々伯部氏の関連キーワード波多野稙通

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android