コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

請文 うけぶみ

6件 の用語解説(請文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

請文
うけぶみ

古代,中世を通じて種々の形式で出された身分の上の者からの文書に対する,内容,命令などを了承または履行する旨の返書。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うけ‐ぶみ【請文】

上司または身分の上の者の仰せに対して承諾したことを書いた文書。請け書き。請け書(しょ)。散状。
「御―のおもむき僉議(せんぎ)せらる」〈平家・一〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

請文【うけぶみ】

日本中世の古文書の一様式。上司または身分の上の者からの文書を受けたとき,それを了承する旨を答申する文書。
→関連項目請作

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うけぶみ【請文】

日本中世の古文書。一般に,上位者に対してある事柄を確言・約束するときに使用する上申文書。文書様式の原型は,律令制的な解(げ)の様式にあったが,平安時代以降,〈……御教書謹以承候了〉などと書きだし〈恐々謹言〉などと結ぶ書状の形式,および〈謹請申〉と書きだし〈仍所請如件〉などと結ぶ申状の形式の両者を基本とするようになった。どちらの場合も,多く相手に対する誠実誓約の意思を表現する〈請〉や〈承(うけたまわる)〉などの文言を含み,また充所(あてどころ)を記さないのが特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うけぶみ【請文】

上司からの命令・諮問などに対して、返答や報告を記して差し出す文書。また、中世頃から請負などで履行を誓って差し出す文書。請書。散状。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

請文
うけぶみ

古文書の一様式。とくに中世において、復命、承諾、申請、請願など、上位者に対してある事柄を確言、約束するとき使用される。「所請如件(うくるところくだんのごとし)」などの書止めを有する上申文書、あるいは単なる書状の形式をとり、多く「請(うく)」「承(うけたまわる)」などの文言を含むことが特徴である。下達文書、所職(しょしき)、物件などの授与行為に対して誠実を誓って提出される。代表的な用例としては、幕府御教書(みぎょうしょ)に対する守護以下の武士の請文や、荘園(しょうえん)所職の恩給に対して提出される荘官の請文があり、おのおの幕府の命令系統や荘園制的土地所有体系を媒介する枢要な役割を果たした。[保立道久]
『佐藤進一著『古文書学入門』(1971・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の請文の言及

【下作人】より

…田畠の直接耕作者で,その土地の上級得分収取権者である本所・名主・作人(作職所有者)に対し,それぞれ年貢・加地子(名主得分)・作徳(作職得分)を負担する立場にあった農民のこと。彼がその田畠に対して持つ関係は下作職(げさくしき)と表現され,通常これはすぐ上級の所職である作職の所有者からあてがわれるもので,下作人はこれに対して地子の上納と,それを怠った場合はいつ所職を取り上げられてもいたしかたない旨を誓約した下作職請文(うけぶみ)を提出した。1492年(明応1)の弥三郎下作職請文は,彼が真光院領の下地1反の下作を請け負った際のものであるが,これには〈右くだんの御下地は,望み申すにつき候てあづけ下さるる処に候。…

【未進】より

…中世では百姓や下人が未進をしたまま他領に移ることが禁止されていた。それでも正当な理由が認められたときには,次の収穫期まで,未進年貢等の納入延期が認められることがあったが,その場合には請文(うけぶみ)の提出が必要であった。たとえば,1306年(徳治1)4月7日に,東寺領若狭国太良荘(たらのしよう)の預所は,同荘の百姓たちの未進年貢の請文7通を領主に送っている。…

※「請文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

請文の関連キーワード古文書大日本古文書注進状陳状大徳寺文書甲州史料調査会相田二郎笠松宏至紛失状《日本中世の村落》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

請文の関連情報