コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波勝岬 はがちざき

大辞林 第三版の解説

はがちざき【波勝岬】

静岡県、伊豆半島南西岸の岬。奇岩と野猿の生息地として有名な観光地。波勝崎。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はがちざき【波勝岬】

静岡県伊豆半島南西部,賀茂郡南伊豆町にある岬。波勝崎とも書く。岬から松崎町の雲見崎までの波勝海岸は貫入岩体石英安山岩からなる海食崖が続き,約260mの落差をもつ赤壁,高さ約15m,幅約10mの海食洞門をもつ千貫門,八穴,海金剛など雄大な景観をもつ。大窪浜一帯では約300匹のニホンザルが餌付けされ,観光地となっている。堂ヶ島や松崎から遊覧船やマーガレットライン(南伊豆道路)経由の自動車道が通じ,雲見から海岸沿いには眺望に恵まれた波勝岬遊歩道がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕波勝岬(はがちざき)


静岡県伊豆(いず)半島の南西部、駿河(するが)湾に臨む岬。伊豆西海岸特有の石英安山(せきえいあんざん)岩の海食崖(かいしょくがい)は高さ250mに及ぶ。波勝岬灯台がある。1972年(昭和47)西伊豆マーガレットラインが開通、野生ニホンザルの餌付(えづ)けの成功と相まって観光地化した。富士箱根伊豆(ふじはこねいず)国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

波勝岬の関連キーワード野猿駿河奇岩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android