松崎町(読み)まつざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松崎〔町〕
まつざき

静岡県東部,伊豆半島南西部,駿河湾に面する町。 1901年町制。 55年中川村と合体,56年岩科村を編入。大部分が山地。海岸線は屈曲に富み,千貫門海食洞などの景勝地がある。第2次世界大戦前は早場繭の産地として知られていた。現在は花卉,柑橘類の栽培が行われ,都市部への出荷が多い。岩地港は遠洋漁業の根拠地。岩地,雲見,石部の各集落には温泉があり,磯釣り場,海水浴場,キャンプ場として観光開発が活発。海岸線は伊豆西南海岸として名勝。伊豆特有の「なまこ壁」の発案者として知られる入江長八の記念館がある。沿岸部を国道 136号線が通り,一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。面積 85.19km2。人口 6837(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松崎町の関連情報