コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波多野義重 はたの よししげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波多野義重 はたの-よししげ

?-? 鎌倉時代の武将。
波多野忠綱の子。六波羅(ろくはら)評定衆。承久(じょうきゅう)の乱には北条時氏にしたがい,墨俣(すのまた)の戦いで右目に矢をうけた。道元に帰依(きえ)し,所領の越前(えちぜん)(福井県)志比(しい)荘にまねいて,寛元2年(1244)大仏寺(のち永平寺)を創建した。法名は如是。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

波多野義重

生年:生没年不詳
鎌倉中期の武士。忠綱の子。本名は宣政(信政)。通称,波多野五郎。承久の乱の際,北条時氏に従い,墨俣の合戦で右眼を射られながらも奮戦。乱後,六波羅評定衆となり出雲守に任じた。その後,道元に帰依。寛元2(1244)年所領の越前国志比荘に道元を招いて吉祥山大仏寺(のちの永平寺)を創建した。宝治1(1247)年の鶴岡八幡宮放生会では先陣随兵の筆頭,建長3(1251)年8月,鎌倉由比浦で犬追物が行われたときには検見の役,その翌年,宗尊親王の鎌倉下向の際には供奉人を務めた。<参考文献>湯山学「鎌倉後期における相模国の御家人について(三)」(『鎌倉』26号)

(野口実)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の波多野義重の言及

【越前国】より

…曹洞宗の開祖道元は叡山の迫害をのがれて1243年(寛元1)京都から越前志比荘に下向した。これは集団で入門した越前波着(はじやく)寺の懐鑑(えかん)や道元に学んだ徹通義介ら越前と関係の深い人々の勧めに負うところが大きいと考えられるが,やはり志比荘の地頭波多野義重の勧誘も動機の一つであろう。初め志比荘に大仏寺を建立,46年これを永平寺と改称した。…

【道元】より

…そのうえ,43年(寛元1)3月,深草の興聖寺教団に近い月輪山荘に,弁円が藤原一門の絶大な庇護を受けて東福寺を建立し,天台,真言,臨済の3宗を併置したので,東福寺の教団からも大きな脅威を受けるに至った。このため,同年7月,道元は門下に集団加入した越前波著寺系の大恵派の人々の働きかけと,俗弟子の波多野義重の招きを受けて,その所領である越前志比庄に下り,翌年大仏寺を開いた。 1246年(寛元4)6月,大仏寺を永平寺と改め,法名をみずから道元から希玄に改めた。…

【波多野氏】より

…中世の武将,丹波の土豪。古くは越前の土豪で,道元の檀越となった波多野義重が知られる。一族は鎌倉後期六波羅探題の在京御家人,次いで室町幕府の評定衆となった。…

※「波多野義重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

波多野義重の関連キーワード波多野氏正法眼蔵曹洞宗

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android