コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏寺 だいぶつじ

1件 の用語解説(大仏寺の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

だいぶつじ【大仏寺】

中国の甘粛(かんしゅく)省粛南裕固族(しゅくなんゆうこぞく)自治県の張掖(ちょうえき)(ヂャンイェー)にある、釈迦牟尼の涅槃像が横たわっていることから「臥仏寺」ともいわれる寺。涅槃像は身長34.5m、肩幅7.5m、2m余の耳を持つ中国最大の巨人仏像で、マルコ・ポーロは「東方見聞録」で「金で塗られた巨像」としてこの大仏に関しての記述を残している。1098年に創建され、フビライ・ハンが生まれた寺としても知られる。また、大仏殿の裏には高さ33mにも及ぶチベット仏教様式の土塔も建っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大仏寺の関連キーワード河西甘粛省甘粛回廊甘粛隴山隴西甘粛地震甘粛[省]甘粛仰韶文化

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大仏寺の関連情報