コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏寺 だいぶつじ

世界の観光地名がわかる事典の解説

だいぶつじ【大仏寺】

中国の甘粛(かんしゅく)省粛南裕固族(しゅくなんゆうこぞく)自治県の張掖(ちょうえき)(ヂャンイェー)にある、釈迦牟尼涅槃像が横たわっていることから「臥仏寺」ともいわれる寺。涅槃像は身長34.5m、肩幅7.5m、2m余の耳を持つ中国最大の巨人仏像で、マルコ・ポーロは「東方見聞録」で「金で塗られた巨像」としてこの大仏に関しての記述を残している。1098年に創建され、フビライ・ハンが生まれた寺としても知られる。また、大仏殿の裏には高さ33mにも及ぶチベット仏教様式の土塔も建っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

大仏寺の関連キーワード室生赤目青山国定公園ワットトライミット大山田[村]波多野義重陝西(省)永平清規正法眼蔵隆興寺永平寺独楽寺大山田正定快慶張掖道元重源太原

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android