コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条時氏 ほうじょう ときうじ

2件 の用語解説(北条時氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条時氏 ほうじょう-ときうじ

1203-1230 鎌倉時代の武将。
建仁(けんにん)3年生まれ。北条泰時の長男。母は三浦義村の娘。妻は松下禅尼。承久(じょうきゅう)の乱に父とともに京都へ攻めのぼる。嘉禄(かろく)元年六波羅(ろくはら)探題北方。修理亮(しゅりのすけ),若狭(わかさ)守護となる。寛喜(かんぎ)2年病のため鎌倉へもどり,同年6月18日死去。28歳。通称は武蔵(むさし)太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条時氏

没年:寛喜2.6.18(1230.7.29)
生年:建仁3(1203)
鎌倉前期の武士。北条泰時と三浦義村の娘の子。妻は,安達景盛の娘で,のちに松下禅尼と呼ばれた女性である。武蔵太郎と号す。承久3(1221)年の承久の乱の際には,父の泰時と共に京都へ攻め上った。元仁1(1224)年,京都へ上り六波羅探題北方となる。安貞1(1227)年には修理亮に任ぜられる。寛喜2(1230)年3月,病により鎌倉へ戻るが,6月に28歳の若さで死去。執権・泰時の後継者と目されていただけに,その死は泰時をひどく嘆かせた。

(高橋慎一朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条時氏の関連キーワード北条時房三浦泰村三浦義村大仏朝直河村秀清千葉胤綱尾藤景綱三浦泰村妹三浦義意良賢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone