波紋を投ずる(読み)はもんをとうずる

精選版 日本国語大辞典「波紋を投ずる」の解説

はもん【波紋】 を=投(とう)ずる[=投(な)げる]

何事もない静かな所を波立たせる。特に、事を起こしたり、問題を提起したりして、その影響を広げるのにいう。
弔花(1935)〈豊田三郎〉「『彼奴(あいつ)昨夜から警察に留置されてゐるんだ』と彼と一番親しい河井がいった。それは一つの波紋を投じた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android