コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田三郎 とよだ さぶろう

2件 の用語解説(豊田三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田三郎 とよだ-さぶろう

1907-1959 昭和時代の小説家。
明治40年2月12日生まれ。森村桂(かつら)の父。「行動」編集長となり,昭和10年「弔花」で行動主義文学の代表的作家のひとりとなる。16年陸軍報道班員として従軍,その体験を「行軍」にかく。戦後作品に「仮面天使」など。昭和34年11月18日死去。52歳。埼玉県出身。東京帝大卒。本名は森村三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊田三郎
とよださぶろう
(1907―1959)

小説家。埼玉県生まれ。本姓は森村。東京帝国大学独文科卒業。1933年(昭和8)田辺茂一(もいち)経営の紀伊國(きのくに)屋書店に入り、『行動』を編集。自らも行動主義に沿って、都市インテリ青年の野心とその挫折(ざせつ)を描いた『弔花(ちょうか)』(1935)などの小説を発表。36年野口冨士男(ふじお)らと『作家精神』を、小松清(きよし)らとは『行動文学』をそれぞれ創刊。41年高見順(じゅん)らと報道班員としてビルマ(現ミャンマー)戦線に従軍、その体験は小説『行軍』(1944)に生かされている。没後に小説集『好きな絵』(1963)刊行。作家森村桂(かつら)は長女。[遠矢龍之介]
『『現代日本文学全集87 昭和小説集(2)』(1958・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊田三郎の関連キーワード桜田常久橘外男北町一郎白川渥陣出達朗高木卓寺崎浩野沢純横山美智子吉田十四雄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊田三郎の関連情報