コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波郷 はきょう

世界大百科事典内の波郷の言及

【石田波郷】より

…俳人。愛媛県生れ。本名哲大(てつお)。明治大学文芸科中退。五十崎(いかざき)古郷に師事し,1930年,《馬酔木(あしび)》に参加,高屋窓秋らとともに流麗清新な抒情俳句に新風を開き,水原秋桜子門の代表的俳人となった。37年,主宰誌《鶴》を創刊,《鶴の目》(1939)を上梓,新興無季俳句運動の素材的・散文的傾向に同調せず,韻文精神に立脚した人間諷詠の道をたどり,中村草田男,加藤楸邨とともに〈人間探求派〉と呼ばれた。…

※「波郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

波郷の関連キーワード水原秋桜子中村草田男五十崎古郷鈴木鷹夫石塚友二仕事始め多田裕計加藤楸邨村沢夏風三月尽山独活鶴の眼豆蒔き泥鰌鍋寒施行隙間風芽吹く二の酉山椒喰惜命忌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

波郷の関連情報