泣く子も目を開け(読み)ナクコモメヲアケ

デジタル大辞泉の解説

泣(な)く子も目を開(あ)け

泣いている子でも、目をあけて周囲の状況を見る。いくら思慮分別のない者でも、少しは時と場合とを考えて振る舞うものだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なくこもめをあけ【泣く子も目を開け】

泣いている子供でも時には目をあけて周囲の情勢をうかがう。分別がないように見える者でも時と場合に応じて振る舞うものだということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android