コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰善(1) たいぜん

1件 の用語解説(泰善(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泰善(1) たいぜん

?-? 平安時代前期の僧。
大和(奈良県)元興(がんごう)寺の三論宗の学僧。大安寺勤操(ごんぞう)とともに文殊会(もんじゅえ)をもよおし貧病者の救済にあたる。勤操の没後文殊会の全国設置をねがいでて,天長5年(828)公的行事としてみとめられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

泰善(1)の関連キーワード安高堅慧玄叡慈恒慈宝守寵昌海常楼仁鏡品慧