コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤操 ゴンソウ

デジタル大辞泉の解説

ごんそう〔ゴンサウ〕【勤操】

[758~827]奈良末期から平安初期の三論宗の僧。大和の人。大安寺で三論を学び、宮中の講義を認められて大僧都東大寺別当となる。石淵寺を開創。石淵僧正。ごんぞう。きんそう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勤操 ごんぞう

754-827 奈良-平安時代前期の僧。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)6年生まれ。奈良大安寺の信霊,善議に三論をまなぶ。延暦(えんりゃく)15年奈良石淵(いわぶち)寺で法華八講をはじめておこなったという。奈良弘福(ぐふく)寺や,造営中の京都西寺の別当となる。天長3年大僧都。最澄,空海と親交があった。天長4年5月8日死去。74歳。大和(奈良県)出身。俗姓は秦。通称は石淵僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勤操

没年:天長4.5.8(827.6.5)
生年:天平勝宝6(754)
奈良・平安初期の僧。大和国高市郡(奈良県橿原市周辺)生まれ。俗姓秦氏。12歳から大安寺で三論教学を学ぶ。石淵寺で法華八講を創始する。弘仁4(813)年大極殿での論義で三論を君父,法相を臣子とする論を立てて法相の論者を破り,法相全盛の中,三論の地位向上に貢献した。南都仏教に属するが,最澄,空海の活動にも理解を示し,空海に山林修行の行法を授けたともいう。律師,少僧都,大僧都と昇進し,弘福寺,西寺の別当も勤めた。死後に僧正。石淵僧正と称された。醍醐寺,高野山普門院に説法の様子を描いたという画像が残されている。<参考文献>福山敏男『奈良朝寺院の研究』

(鷺森浩幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごんそう【勤操】

758‐827(天平宝字2‐天長4)
奈良~平安時代の僧。〈きんそう〉とも読み,石淵(いわぶち)僧正ともいう。生年には754年(天平勝宝6)説もある。空海の師と伝える。俗姓秦氏,母は島史(しまのふひと)。12歳で大安寺僧信霊について出家,770年(宝亀1)宮中および興福寺の千人得度にあずかり,20歳で受戒の後,善議について三論宗を学ぶ。たゆまざる修行を積み,813年(弘仁4)律師に任ぜられ,大極殿にて最勝王経を講じ,紫宸殿にて諸宗の学僧と論義し,法相宗を破る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごんぞう【勤操】

758~827) 奈良・平安前期の僧。大和の人。東大寺・西寺別当、大僧都、没後僧正。石淵寺に法華八講を創始。きんぞう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の勤操の言及

【勤操】より

…奈良~平安時代の僧。〈きんそう〉とも読み,石淵(いわぶち)僧正ともいう。生年には754年(天平勝宝6)説もある。空海の師と伝える。俗姓秦氏,母は島史(しまのふひと)。12歳で大安寺僧信霊について出家,770年(宝亀1)宮中および興福寺の千人得度にあずかり,20歳で受戒の後,善議について三論宗を学ぶ。たゆまざる修行を積み,813年(弘仁4)律師に任ぜられ,大極殿にて最勝王経を講じ,紫宸殿にて諸宗の学僧と論義し,法相宗を破る。…

※「勤操」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勤操の関連キーワード勤操(きんそう)勤操(ごんぞう)高野山(寺院)泰善(1)福山敏男施福寺法華会白毫寺勢和願暁守敏智泉長恵徳円安澄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android