コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洎夫藍 サフラン〈オランダ〉saffraan

デジタル大辞泉の解説

サフラン【洎夫藍】

アヤメ科の多年草。クロッカスの秋咲き種。葉は線形で、花後に伸びる。11月ごろ紫色の6弁花が咲く。赤い花柱は止血剤などに、また香辛料、化粧品の着色剤として使われる。 花=秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サフラン【洎夫藍】

アヤメ科の多年草。南ヨーロッパ・小アジア原産。江戸後期に渡来し、観賞用・薬用植物として栽培。秋、球茎から花茎を出し、紫色の六弁花をつける。葉は線形で花後に伸びる。花柱を乾燥し、鎮静・止血・通経薬とするほか、菓子や料理の黄色染料にする。蕃紅花ばんこうか。 〔本来サフランの名は薬用に用いたときの名。「洎夫藍」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

洎夫藍 (サフラン)

学名:Crocus sativus
植物。アヤメ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

洎夫藍の関連キーワード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android