コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗冤集録 せんえんしゅうろく Xǐ yuān jí lù

1件 の用語解説(洗冤集録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんえんしゅうろく【洗冤集録 Xǐ yuān jí lù】

中国,南宋末の宋慈(1186‐1249)の著した法医学書。《洗冤録》とも簡称する。1247年(淳祐7)に成り,西欧の《Opera chirurgica》(1575)より数世紀早い。第1巻は法手続と屍体検査法,第2巻は致死因の究明,第3巻は骸骨や自縊と他殺の判別,第4巻は自殺,病死などの死因,第5巻は圧死,受杖死などの死因を記し,外形観察を主としている。すべて53項ある。宋慈は広東,湖南などの提刑(法務官)を歴任,無法を是正するため本書を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の洗冤集録の言及

【法医学】より

… いっぽう,東洋における法医学は中国に始まる。1247年に刊行された宋慈による《洗冤集録(せんえんしゆうろく)》は,法医学書としては世界最古とされる。これを参考にした王与の《無冤録》(1308)は,明代になって朝鮮(李朝)に伝わり,さらに足利時代に日本に伝来した。…

※「洗冤集録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洗冤集録の関連キーワード岳飛玉澗江西詩派范成大文天祥米友仁陸秀夫宋詞南宋放胆文

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone