コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗冤集録 せんえんしゅうろくXǐ yuān jí lù

世界大百科事典 第2版の解説

せんえんしゅうろく【洗冤集録 Xǐ yuān jí lù】

中国,南宋末の宋慈(1186‐1249)の著した法医学書。《洗冤録》とも簡称する。1247年(淳祐7)に成り,西欧の《Opera chirurgica》(1575)より数世紀早い。第1巻は法手続と屍体検査法,第2巻は致死因の究明,第3巻は骸骨や自縊と他殺の判別,第4巻は自殺,病死などの死因,第5巻は圧死,受杖死などの死因を記し,外形観察を主としている。すべて53項ある。宋慈は広東,湖南などの提刑(法務官)を歴任,無法を是正するため本書を著した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の洗冤集録の言及

【法医学】より

… いっぽう,東洋における法医学は中国に始まる。1247年に刊行された宋慈による《洗冤集録(せんえんしゆうろく)》は,法医学書としては世界最古とされる。これを参考にした王与の《無冤録》(1308)は,明代になって朝鮮(李朝)に伝わり,さらに足利時代に日本に伝来した。…

※「洗冤集録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

洗冤集録の関連キーワード京都守護ベリコタルノボウルバヌス3世ガズナ朝スチルベン李承晩ライン若の里三侠五義スチルベン東シナ海

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android