コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗朱 あらいしゅ

2件 の用語解説(洗朱の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

あらいしゅ【洗朱】

色名の一つ。薄い朱色のことで、だいだいに近い。主に朱塗り漆器で用いられる色名。朱色を洗って薄くなったような色を形容しているが、はじめから洗朱に塗った色をさす。赤みを強くした朱色に近い色から、あけぼのに近い色まで幅いイメージ。漆器のほか、布地の染色にも使われる。流行したのは明治時代以降とされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あらいしゅ【洗朱】

朱色のさめたような色。やや黄みをおびた薄い赤。
薄い朱漆。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洗朱の関連キーワードアイブルー赤朽葉赤香色赤橙鉛丹色黄丹柿色狐色密陀僧

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洗朱の関連情報