洗朱(読み)あらいしゅ

色名がわかる辞典の解説

あらいしゅ【洗朱】

色名の一つ。薄い朱色のことで、だいだいに近い。主に朱塗り漆器用いられる色名。朱色を洗って薄くなったような色を形容しているが、はじめから洗朱に塗った色をさす。赤みを強くした朱色に近い色から、あけぼのに近い色まで幅いイメージ。漆器のほか、布地の染色にも使われる。流行したのは明治時代以降とされる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あらいしゅ【洗朱】

朱色のさめたような色。やや黄みをおびた薄い赤。
薄い朱漆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あらい‐しゅ あらひ‥【洗朱】

〘名〙 (「あらいじゅ」とも)
① べにがら色の、すこし黄ばんだ色。黄色みを帯びた、丹色に近い朱。
※俳諧・毛吹草(1638)六「紅葉はは洗朱(アラヒジュ)なれや龍田川〈重方〉」
② 朱をまぜた、漆。また、その漆でぬり、刷毛目(はけめ)をつけた角形で平たく浅い椀。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android