コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞庫 ドウコ

デジタル大辞泉の解説

どう‐こ【洞庫】

茶室の点前畳(てまえだたみ)から亭主が座ったまま道具類の出し入れができるようにした押し入れ式の棚。洞庫棚
[補説]道幸という人の考案ともいわれ、「道幸」または「道籠」「堂庫」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の洞庫の言及

【又隠】より

…そのとき造立した四畳半が又隠であると伝えられている。葛葺き(かつらぶき)屋根の外観はひなびたたたずまいを示し,内部は躙口(にじりぐち)の正面に床を構え,炉は四畳半切で洞庫(どうこ)(道具畳の勝手付に仕付けられる押入れ式の棚)を備える。窓は二つの下地窓と突上窓だけで,精神性の深い空間が形成されている。…

※「洞庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

洞庫の関連キーワード東陽坊官休庵道幸棚今日庵又隠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android