コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞窟の比喩 どうくつのひゆallegory of the cave

1件 の用語解説(洞窟の比喩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞窟の比喩
どうくつのひゆ
allegory of the cave

プラトン『国家』第7巻で述べられている有名な比喩。第6巻における線分の比喩で相対的に区別された可視的世界と可思惟的世界の類比が,洞窟の中で入口に背を向けて頭を一方向に固定させてつながれている囚人を想像することによって語られる。囚人は背後の火によって前面の壁に映じる人や動物の影を実在と思い込む。これが可視的世界に対するわれわれの関係である。囚人は解放されて火の光に照し出された影の本体を見ても,やはり影のほうを真実と思い込む。哲学的教育はいわば地下の薄明に馴れた人間の魂が,より明らかな真実在 (イデア) の世界 (可思惟的世界) へ,さらに太陽に象徴される可思惟的世界 (ノエトン) そのものを成立させる究極的存在 (善のイデア) へと転回するようにしむけるのである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洞窟の比喩の関連情報