コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線分の比喩 せんぶんのひゆLiniengleichnis; analogy of the divided line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

線分の比喩
せんぶんのひゆ
Liniengleichnis; analogy of the divided line

プラトンの『国家』第6巻で述べられている比喩。ソクラテスは諸事物の間には明瞭性すなわち真実在性における段階が存することを指摘,それに応じてさまざまな認識の形式が照応する存在の諸段階を考案しようとしたが,その際感覚界 (可視的世界) と英知界 (可思惟的世界) との間に成り立つ類比関係を明らかにすることによってこれを行なった。その類比関係が線分の比喩である。すなわち存在者はA-可視的対象とB-可思惟的対象に分れ,Aは a1 -似像ないし影像と a2 -事物とに,また,Bは b1 -仮説を媒介として認識される対象 (たとえば数学的対象) と b2 -仮説を必要とせず認識される形相ないしイデアとに分けられる。これに対して人間的認識の側からは,a1 に対して憶測ないし想像が,a2 には信念が,b1 には仮説的推理が,b2 には無仮説的ディアレクティケ (弁証法) による認識が応じる。そして以上の区分の間には A:B=a1:a2=b1:b2 なる関係が成立する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

線分の比喩の関連キーワード国家(プラトンの対話篇)洞窟の比喩プラトン弁証法イデア

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android