コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津村秀松 つむらひでまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津村秀松
つむらひでまつ

[生]1876.6. 和歌山
[没]1939.12.23. 神戸
経済学者。 1899年東京高等商業学校専攻部 (現一橋大学) 卒業。 1900~03年欧米各国に留学。帰国後,神戸高等商業学校教授,15年法学博士。 18年辞職後,久原本店に入り理事をつとめる。その後,大阪鉄工所取締役会長,日本汽船,日本産業取締役,久原地所部,海洋社監査役を歴任福田徳三,関一らとともに,専門的経営者の養成を目標とした商科大学の設立を訴えた。また 06年『国民経済雑誌』の創刊にも尽力した。主著『国民経済学原論』 (1907) ,『商業政策』 (13) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

津村秀松の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎おもなお雇い外国人大庭秀雄清水宏森一生シンシナティ・レッズ第2次世界大戦

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android