コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田信敏 つだのぶとし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津田信敏
つだのぶとし

[生]1910.1.16. 静岡
[没]1984.1.4. 東京
舞踊家。 1935年ドイツモデルネ・タンツ研究のため留学。マックス・テルピス舞踊学校,ドイツ国立舞踊大学に学び,帰国後無伴奏による舞踊を唱え,各地で公演。第2次世界大戦後,モダン・ダンス界に数々の影響を与えた。代表作品に『告解』『神様の話』『ブリキの魚』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

津田信敏の関連キーワードゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者新聞小説田岡嶺雲ニコラ1世

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone