静岡(読み)シズオカ

デジタル大辞泉の解説

しずおか〔しづをか〕【静岡】

中部地方南東部の県。太平洋に面する。駿河遠江(とおとうみ)伊豆の3国を占める。人口376.5万(2010)。
静岡県中央部の市。県庁所在地。古代、駿河国府が置かれ府中または駿府(すんぷ)とよばれた。徳川家康隠棲の地で、久能山に家康を祭る東照宮がある。名称は、賤機(しずはた)山に由来。茶・ミカンの集散地。木工業が盛ん。登呂(とろ)遺跡がある。平成15年(2003)清水市と合併。平成17年(2005)に政令指定都市となり葵区駿河区清水区を設置。平成18年(2006)に蒲原町を、平成20年(2008)に由比町を清水区に編入した。人口71.6万(2010)。
[補説]静岡市の3区
葵区清水区駿河区

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しずおか しづをか【静岡】

[一] 静岡県中部の地名。県庁所在地。安倍川扇状地を占める。古くは駿河国の国府が置かれ、南北朝時代以降は今川氏の城下町となり、駿府または府中と呼ばれた。江戸初期、徳川家康が駿府城に隠居し、東海道五十三次の宿駅(府中宿)として繁栄。登呂遺跡・駿府城址・浅間神社・久能山東照宮など名所旧跡が多い。明治二年(一八六九)現名に改称。同二二年(一八八九)市制。平成一五年(二〇〇三)清水市と合併、同一七年政令指定都市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報