津田真澂(読み)つだ ますみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「津田真澂」の解説

津田真澂 つだ-ますみ

1926-2005 昭和後期-平成時代の経営学者。
大正15年2月25日生まれ。武蔵大,中央大教授をへて,昭和45年一橋大教授。平成元年青山学院大教授。中央最低賃金審議会会長などをつとめた。アメリカ,日本の労働問題研究から経営管理論などに研究領域をひろげ,日本的経営論に独自の体系をきずいた。平成17年9月2日死去。79歳。東京出身。東大卒。著作に「日本的経営の論理」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android