コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽山唄 ツガルヤマウタ

大辞林 第三版の解説

つがるやまうた【津軽山唄】

青森県の民謡で、祝い唄。源流は不明。山仕事を始めるときや成人したときに山の神へ奉納したもの。のちに祝いの席の唄になった。岩木川の東側のものが古調、西側のものが新節。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

津軽山唄の関連キーワード津軽地方青森県祝い唄山の神岩木川山仕事古調源流東側西側山唄

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android