コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽裂織 つがるさくり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津軽裂織[染織]
つがるさくり

東北地方、青森県の地域ブランド。
主に青森市・弘前市で製作されている。漁師・農民の仕事着や日常着としてつくられた裂織。津軽では裂織を「さくり」という。薄くやわらかく仕上がるように工夫された技法で織られ、新しい裂織は晴れ着として男女を飾り雪国の寒さから人々を守った。現在では、コートやバッグ・カード入れなどがある。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android