コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽裂織(読み)つがるさくり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津軽裂織[染織]
つがるさくり

東北地方、青森県の地域ブランド。
主に青森市・弘前市で製作されている。漁師・農民の仕事着や日常着としてつくられた裂織。津軽では裂織を「さくり」という。薄くやわらかく仕上がるように工夫された技法で織られ、新しい裂織は晴れ着として男女を飾り雪国の寒さから人々を守った。現在では、コートやバッグ・カード入れなどがある。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android