コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裂織 さきおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裂織
さきおり

屑織ともいい,使い古した布地を細く裂いて手織機で織る織物。一種の廃物利用で,いろいろな布を織り込むことによって豊かな色彩が出現する。厚地の織物なので,帯や敷物などに利用される。始った時代ははっきりしないが,日本海沿いで多く行われたもので,現在では残っている数少い手織機による民芸品として愛好されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さき‐おり【裂(き)織(り)/割(き)織(り)】

古い布地を細長く裂いて横糸にし、山苧(やまそ)の渋染めや麻・木綿糸縦糸にして織った厚手の織物。山野仕事着や防寒着に用いた。襤褸(ぼろ)織り。さっくり。さっこり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さきおり【裂織】

布を上下交互に細く裂いて長くつなぎ,これを緯糸とし,麻糸や木綿糸を経糸にして並幅に織った織物。〈さっこり〉〈さくり〉〈つづれ〉〈どんざ〉などともよばれる。木綿の自給が困難で,流通面も不備であった東北,北陸,山陰あるいは交通不便な山間地,漁村などでは,明治のころまで木綿は最も貴重な衣類であった。したがって,古い衣類でもわずかな良い部分を裂いて用いるなど極限まで利用し,ぼろ織ともよばれる。重いのが難であったが,丈夫で冬は暖かく,凹凸があるため夏は涼しかったという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の裂織の言及

【仕事着】より

…対馬のハギトウジンは前後身ごろに,合わせて30枚もの色,柄とりどりの布を巧みに接ぎ合わせてつくってある。また,悪くなった衣服の良い部分を裂いて織る裂織(さきおり)など,衣料の経済性が重視されたが,それらはやがて独特の刺子(さしこ)や,接ぎ合せによる美を生み出している。青森の津軽こぎんは著名である。…

※「裂織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

裂織の関連キーワードアミューズミュージアム津軽裂織南部裂織青森県裂織り民具

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android