コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪水予報 こうずいよほうFlood forecast

1件 の用語解説(洪水予報の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

洪水予報

洪水予報には、一般の利用を目的としたものと、水防活動を目的にしたものの2種類があり、前者は、気象庁が単独で行い、都道府県を分割した予報区域ごとに洪水警報洪水注意報を発表する。また、後者は、一級河川の河川管理者である国土交通省の機関、または、二級河川の管理者である都道府県の機関と気象庁が、特定の河川に対して、区間を決めて、水位または流量を示して洪水予報(指定河川洪水予報)を共同発表する。指定河川洪水予報は、2007年4月19日から大きく変わっている。これまでは、「○○川洪水警報」とか「○○川洪水注意報」という表題で、使われている水位名称も、危険水位、特別警戒水位、警戒水位と情報の利用者に分かりにくいものであった。今回の変更は、市町村や住民がとるべき避難行動等との関連が理解しやすいように、洪水予報の標題と水位の名称を洪水の危険度に応じてレベル化した。レベル5(標題:はんらん発生情報、状態:はんらん発生)、レベル4(はんらん危険情報、水位名称:はんらん危険水位)、レベル3(はんらん警戒情報、避難判断水位)、レベル2(はんらん注意情報、はんらん注意水位)、レベル1(なし、水防団待機水位)。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洪水予報の関連情報