コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪水予報 こうずいよほうFlood forecast

知恵蔵の解説

洪水予報

洪水予報には、一般の利用を目的としたものと、水防活動を目的にしたものの2種類があり、前者は、気象庁が単独で行い、都道府県を分割した予報区域ごとに洪水警報、洪水注意報を発表する。また、後者は、一級河川の河川管理者である国土交通省の機関、または、二級河川の管理者である都道府県の機関と気象庁が、特定の河川に対して、区間を決めて、水位または流量を示して洪水予報(指定河川洪水予報)を共同発表する。指定河川洪水予報は、2007年4月19日から大きく変わっている。これまでは、「○○川洪水警報」とか「○○川洪水注意報」という表題で、使われている水位名称も、危険水位、特別警戒水位、警戒水位と情報の利用者に分かりにくいものであった。今回の変更は、市町村や住民がとるべき避難行動等との関連が理解しやすいように、洪水予報の標題と水位の名称を洪水の危険度に応じてレベル化した。レベル5(標題:はんらん発生情報、状態:はんらん発生)、レベル4(はんらん危険情報、水位名称:はんらん危険水位)、レベル3(はんらん警戒情報、避難判断水位)、レベル2(はんらん注意情報、はんらん注意水位)、レベル1(なし、水防団待機水位)。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

洪水予報の関連キーワードLアラート天気予報天気学洪水

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洪水予報の関連情報