活劇(読み)カツゲキ

デジタル大辞泉の解説

かつ‐げき〔クワツ‐〕【活劇】

立ち回りなど動きの激しい場面を中心とした映画・演劇。アクションドラマ。
映画・演劇の立ち回りのように激しく派手な格闘。乱闘。「路上で活劇を演じる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつげき【活劇】

立ち回りの場面を主とする演劇や映画。アクション-ドラマ。
演劇の立ち回りのような激しく派手な乱闘。 「路上で-を演ずる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の活劇の言及

【連続活劇】より

…波乱万丈の冒険活劇や探偵活劇などが,数週間あるいは数ヵ月にわたって観客の期待をつなぎながら,週替りで分割上映されるようにつくられた一種の長編映画の形態を指していう。連続映画とも呼ばれ,題材から分類すると,探偵活劇,国際スパイ活劇,王国奇談,西部活劇,復讐活劇,鉄道活劇,ターザン映画,スピード・レースもの,拳闘もの,海洋活劇,競馬もの,オートバイ映画,学園スポーツもの等々の活劇が主で,そのほかにロマンスものやサーカスものもあった。…

※「活劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活劇の関連情報