時事新報(読み)じじしんぽう

精選版 日本国語大辞典 「時事新報」の意味・読み・例文・類語

じじしんぽう【時事新報】

日刊新聞。明治一五年(一八八二)三月福沢諭吉創刊。昭和一一年(一九三六廃刊題号は「東京日日新聞」に引き取られた。同二一年復刊したが同三〇年「産業経済新聞」に併合不偏不党を掲げ、経済記事に特色があった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「時事新報」の意味・読み・例文・類語

じじしんぽう【時事新報】

明治15年(1882)福沢諭吉が創刊した日刊新聞。昭和11年(1936)「東京日日新聞」に併合、廃刊。昭和21年(1946)再刊したが、同30年「産業経済新聞」に併合、廃刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「時事新報」の意味・わかりやすい解説

時事新報 (じじしんぽう)

1882年3月慶応義塾出版社(本社東京)から創刊された日刊紙福沢諭吉の指導の下,中上川(なかみがわ)彦次郎社主とし,福沢門下生を主要スタッフとして創刊された。当初福沢は大隈重信伊藤博文,井上馨らの勧めをうけて,政府系新聞を発行しようとしていたが,明治14年の政変の結果独自の新聞を発行するにいたったといわれる。創刊時は〈求る所は国権興張の一点に在るのみ〉という立場から不偏不党,官民調和などを標榜し,福沢の名声もあって中立派の政論紙として高い評価を得た。また経済記事の充実と広告産業振興の啓蒙でも知られ,実業家層を中心に部数を伸ばした。93年には他紙に先んじてロイター特約結び,日清戦争時の義援金募集や日露戦争時の《東京朝日新聞》との号外合戦は世人の耳目を集めた。また1905年には関西進出を図り《大阪時事新報》を創刊したが,終始振るわなかった。大正期に入ってからは小山完吾(1875-1955。1926年社長就任)らが中心となって第1次護憲運動に活躍し,第1次世界大戦後の一連の外交報道では四ヵ国条約のスクープなど伊藤正徳特派員らの活躍が光った。こうして中正な報道姿勢と迅速詳細な記事で創刊以来日本の代表的新聞としての地位を保ってきたが,23年関東大震災で社屋全焼の被害を受け,さらに震災後の販売競争で〈新聞定価売即行会〉(大阪系の《東京朝日新聞》《東京日日新聞》両紙に近い新聞販売店の団体)の非売運動にあい,乱売合戦と専売店網の整備を強いられて経営が急速に悪化した。昭和期に入ってから経営者がたびたび交替して再建を試みたが成功せず,武藤山治社長時の暴露記事が人目を引いたにとどまり,36年《東京日日新聞》に合併された。第2次世界大戦後の46年1月元主筆の板倉卓造(1879-1963)らにより復刊されたが経営は振るわず,55年11月《産業経済新聞》(現《産経新聞》)に合併された。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「時事新報」の意味・わかりやすい解説

時事新報【じじしんぽう】

1882年福沢諭吉指導のもと,中上彦次郎を社主として東京で創刊した日刊紙。以後ほとんど慶応義塾出身者が運営に当たった。不偏不党の立場をとり,報道記事を重視して1893年ロイターと独占契約を結び,1899年から年中無休刊とした。特に充実した経済記事が特色で,1905年《大阪時事新報》を創刊,石河幹明,堀江帰一,板倉卓造,伊藤正徳らを擁して明治中期〜大正末に最盛期を迎えた。しかし関東大震災で罹災(りさい)後,経営が悪化し1936年《東京日日新聞》に合併された。1946年再刊されたが1955年《産業経済新聞》(産経新聞)に吸収された。
→関連項目北沢楽天竹越与三郎中上川彦次郎武藤山治本山彦一

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「時事新報」の意味・わかりやすい解説

時事新報
じじしんぽう

福沢諭吉が 1882年3月1日に創刊した日刊紙。当時の東京の政論新聞は,自由党,改進党,帝政党の機関紙の全盛時代であったが,「独立不羈,官民調和」を旗印とする中立新聞 (ただし,いくらか改進党色) として読者の支持を集め,大正の中期まで日本の代表的新聞と目され「日本一の時事新報」と称した。社の運営には慶應義塾出身者があたり,1892年にはロイター通信社と通信独占契約を結び,経済記事の充実を特色として読者に訴えた。特に 1907年3月1日には 224ページもの創刊 25周年記念号を発行し,世間を驚嘆させた。しかしその直前の 1905年に創刊した『大阪時事』の不振などのせいで,経営は悪化し続け,関東大震災で決定的に打撃を受けた。一時は鐘紡の武藤山治が経営に乗り出したが,1936年 12月 28日号で廃刊。第2次世界大戦後の 1946年元旦号から復刊したが,成功せず,1955年『産経新聞』に吸収されて『産経時事』となり,1958年の改称で「時事」の名は消えた。しかし政論新聞から報道新聞へという日本の新聞の発達史上,忘れてはならない新聞である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「時事新報」の意味・わかりやすい解説

時事新報
じじしんぽう

1882年(明治15)3月1日、福沢諭吉(ゆきち)が東京で創刊した日刊紙。独立不羈(ふき)、国権皇張をモットーとした。福沢没後は石河幹明(みきあき)、板倉卓造ら慶応義塾出身者が筆政を担当、各界に影響を及ぼした。93年にロイター通信と独占契約を結び、日清(にっしん)・日露の両戦役にはいち早く社員を特派して世間の賞賛を博すなど、「日本一の時事新報」のうたい文句に恥じない信用と権威を所有していた。1905年(明治38)3月大阪に進出、『大阪時事新報』を創刊したが、関東大震災(1923)被災後、経営が悪化、昭和に入って慶応義塾出身財界人の援助もむなしく36年(昭和11)12月25日『東京日日新聞』に買収され、廃刊となった。第二次世界大戦後46年(昭和21)1月1日、板倉ら同社員が中心になって再刊したが、これも55年11月1日『産業経済新聞』(現『産経新聞』)に併合され、廃刊となった。

[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山川 日本史小辞典 改訂新版 「時事新報」の解説

時事新報
じじしんぽう

1882年(明治15)3月1日に中上川(なかみがわ)彦次郎の慶応義塾出版社から創刊された日刊紙。実質的に主宰したのは福沢諭吉。「独立不羈(ふき)」を唱え,言論報道の独立,経営的独立をめざした。福沢の死後は石河幹明(みきあき)が主筆となり,堅実な言論報道で商工業者の読者が多かった。1905年,大阪に進出して「大阪時事新報」を発刊したが,経営的には失敗であった。関東大震災後,「朝日」「毎日」の販売攻勢に押されて小山完吾・武藤山治らが経営再建にあたったが,36年(昭和11)12月25日「東京日日新聞」に吸収合併された。1917年(大正6)頃の部数約8万5000部。第2次大戦後の46年4月1日,旧時事新報関係者によって復刊されたが永続せず,55年産業経済新聞社に合併。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

デジタル大辞泉プラス 「時事新報」の解説

時事新報

日本の新聞のひとつ。福沢諭吉が1882年に東京で創刊した日刊紙。福沢の門下生が編集に参加。不偏不党を謳い、中立派の政論紙として高い評価を得た。1905年には大阪に進出するが、関東大震災で経営が悪化、1936年「東京日日新聞」に買収され廃刊。第二次世界大戦後の1946年、元主筆の板倉卓造らが中心となり復刊したが、1955年、「産業経済新聞」(現在の「産経新聞」)に合併され廃刊。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「時事新報」の解説

時事新報
じじしんぽう

明治〜昭和期の新聞
1882年福沢諭吉が創刊。当時政治論を主とした新聞の中で不偏不党の立場に立って報道を行い,やがて『東京日日新聞』『大阪朝日新聞』などと並ぶ有力紙となる。1936年『東京日日新聞』に合併廃刊。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の時事新報の言及

【中上川彦次郎】より

…帰国後の78年井上馨の引きで工部省へ出仕,翌年外務省公信局長に抜擢されるが,明治14年の政変(1881)により大隈・福沢関係者として免官。82年3月福沢の《時事新報》創刊と同時に同社長に就任,みずからも執筆しながら経営・編集を陣頭指揮,同紙を一躍代表的日刊紙に育て上げた。87年同社を辞め,新設の山陽鉄道社長に就任し,念願の実業界入りを果たした。…

【福沢諭吉】より

…また73年には森有礼,西周(にしあまね),加藤弘之ら当時第一級の洋学者とともに明六社を組織し,79年には東京学士会院の初代会長に選ばれた。 福沢は新政府の開明性に終始大きな期待をかけ,1880年には伊藤博文,井上馨,大隈重信から求められた政府機関紙発行への参加に同意したが,翌年の政変(明治14年の政変)によって裏切られ,新聞による世論形成の念願は82年の《時事新報》創刊として結実し,以後彼の力は同紙と慶応義塾とに集中される。この間,《文明論之概略》執筆のころから,国際環境における権力政治の重圧と読書思索を通じて日本の近代化についての彼の構想は徐々に変化していった。…

※「時事新報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android