コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時事新報 じじしんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時事新報
じじしんぽう

福沢諭吉が 1882年3月1日に創刊した日刊紙。当時の東京の政論新聞は,自由党,改進党,帝政党の機関紙の全盛時代であったが,「独立不羈,官民調和」を旗印とする中立新聞 (ただし,いくらか改進党色) として読者の支持を集め,大正の中期まで日本の代表的新聞と目され「日本一の時事新報」と称した。社の運営には慶應義塾出身者があたり,1892年にはロイター通信社と通信独占契約を結び,経済記事の充実を特色として読者に訴えた。特に 1907年3月1日には 224ページもの創刊 25周年記念号を発行し,世間を驚嘆させた。しかしその直前の 1905年に創刊した『大阪時事』の不振などのせいで,経営は悪化し続け,関東大震災で決定的に打撃を受けた。一時は鐘紡の武藤山治が経営に乗り出したが,1936年 12月 28日号で廃刊。第2次世界大戦後の 1946年元旦号から復刊したが,成功せず,1955年『産経新聞』に吸収されて『産経時事』となり,1958年の改称で「時事」の名は消えた。しかし政論新聞から報道新聞へという日本の新聞の発達史上,忘れてはならない新聞である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

時事新報【じじしんぽう】

1882年福沢諭吉指導のもと,中上彦次郎を社主として東京で創刊した日刊紙。以後ほとんど慶応義塾出身者が運営に当たった。不偏不党の立場をとり,報道記事を重視して1893年ロイターと独占契約を結び,1899年から年中無休刊とした。
→関連項目北沢楽天竹越与三郎中上川彦次郎武藤山治本山彦一

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じじしんぽう【時事新報】

1882年3月慶応義塾出版社(本社東京)から創刊された日刊紙。福沢諭吉の指導の下,中上川(なかみがわ)彦次郎を社主とし,福沢の門下生を主要スタッフとして創刊された。当初福沢は大隈重信伊藤博文,井上馨らの勧めをうけて,政府系新聞を発行しようとしていたが,明治14年の政変の結果独自の新聞を発行するにいたったといわれる。創刊時は〈求る所は国権興張の一点に在るのみ〉という立場から不偏不党,官民調和などを標榜し,福沢の名声もあって中立派の政論紙として高い評価を得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じじしんぽう【時事新報】

1882年(明治15)福沢諭吉が創刊した新聞。不偏不党の立場から政治を論じた。1936年(昭和11)「東京日日新聞」に併合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時事新報
じじしんぽう

1882年(明治15)3月1日、福沢諭吉(ゆきち)が東京で創刊した日刊紙。独立不羈(ふき)、国権皇張をモットーとした。福沢没後は石河幹明(みきあき)、板倉卓造ら慶応義塾出身者が筆政を担当、各界に影響を及ぼした。93年にロイター通信と独占契約を結び、日清(にっしん)・日露の両戦役にはいち早く社員を特派して世間の賞賛を博すなど、「日本一の時事新報」のうたい文句に恥じない信用と権威を所有していた。1905年(明治38)3月大阪に進出、『大阪時事新報』を創刊したが、関東大震災(1923)被災後、経営が悪化、昭和に入って慶応義塾出身財界人の援助もむなしく36年(昭和11)12月25日『東京日日新聞』に買収され、廃刊となった。第二次世界大戦後46年(昭和21)1月1日、板倉ら同社員が中心になって再刊したが、これも55年11月1日『産業経済新聞』(現『産経新聞』)に併合され、廃刊となった。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の時事新報の言及

【中上川彦次郎】より

…帰国後の78年井上馨の引きで工部省へ出仕,翌年外務省公信局長に抜擢されるが,明治14年の政変(1881)により大隈・福沢関係者として免官。82年3月福沢の《時事新報》創刊と同時に同社長に就任,みずからも執筆しながら経営・編集を陣頭指揮,同紙を一躍代表的日刊紙に育て上げた。87年同社を辞め,新設の山陽鉄道社長に就任し,念願の実業界入りを果たした。…

【福沢諭吉】より

…また73年には森有礼,西周(にしあまね),加藤弘之ら当時第一級の洋学者とともに明六社を組織し,79年には東京学士会院の初代会長に選ばれた。 福沢は新政府の開明性に終始大きな期待をかけ,1880年には伊藤博文,井上馨,大隈重信から求められた政府機関紙発行への参加に同意したが,翌年の政変(明治14年の政変)によって裏切られ,新聞による世論形成の念願は82年の《時事新報》創刊として結実し,以後彼の力は同紙と慶応義塾とに集中される。この間,《文明論之概略》執筆のころから,国際環境における権力政治の重圧と読書思索を通じて日本の近代化についての彼の構想は徐々に変化していった。…

※「時事新報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

時事新報の関連キーワードロイター[会社]工藤 十三雄福沢 捨次郎波多野承五郎前田 蓮山後藤 武男小幡篤次郎直木三十五石河 幹明沢村 義夫河盛 久夫対馬健之助野島 辰次小柳 輝一亀井 陸良菊池 武徳内海 丁三森 晋太郎板倉 卓造岡本癖三酔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時事新報の関連情報