活喩法(読み)カツユホウ

精選版 日本国語大辞典の解説

かつゆ‐ほう クヮツユハフ【活喩法】

〘名〙 修辞法の一つ。無生物をあたかも生き物、特に人間であるかのように表現する方法。「花が笑う」「海がほえる」など。擬人法。活喩。
※新文章講話(1909)〈五十嵐力〉二「活喩法は無生物に生を賦与し、或は無生物、下等動物及び無形の精神作用を人に擬する詞姿である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる